産後の毛抜きによるムダ毛処理について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
妊娠中と産後は、妊娠によってホルモンバランスが乱れることで肌がデリケートな状態となります。

その上、産後は妊娠前と違って男性ホルモンの割合が増すので、濃いムダ毛が生えます。

けれども、毛抜きによる自己処理で濃いムダ毛を処理するのはお勧めされません。

なぜなら、毛抜きは毛を抜くことで毛穴が広がるので、毛穴から異物が入り込むことで肌のトラブルに発展しやすいからです。

さらに、毛が途中で切れて皮膚の中に毛が残ることもあるので、毛抜きでの自己処理は肌のトラブルだけでなく毛のトラブルも招きます。

産後の肌は妊娠前より敏感

脱毛テープや脱毛ワックスも毛を抜く自己処理となるので、肌を大きく傷つける恐れが高いです。

他にも、産後の肌は妊娠前より敏感なので、外部からの刺激を受けることで肌が傷つくリスクが高いので、産後は毛抜きでのムダ毛処理を行わないのが最善です。

そして、毛抜きでムダ毛処理を行っても、赤ちゃんの面倒を見る時間と両立させるのが困難です。

なぜなら、毛抜きは毛1本1本抜くので剃刀みたいに広範囲のムダ毛処理を施すことができないからです。

さらに、毛抜きによって同じ箇所の毛を抜くと、肌のトラブルと毛のトラブルが悪化します。

ちなみに、産後から半年経つとホルモンバランスが改善されますが、それでも毛抜きによる自己処理は避けるのが無難となります。

なので、産後に毛抜きによるムダ毛処理を行うことは、赤ちゃんの面倒を見なくなる可能性があるので控えるのが最善となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*