肌を傷つけることで出来やすい埋没毛と処理方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛に関して

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、無闇に剃ったり抜いたりすることで出来やすい毛となります。

それは、自己処理によって肌の表面をかさぶたが覆う形となるので、毛が皮膚の中で成長することになるからです。

また、剃刀や毛抜き以外の自己処理で脱毛ワックスも、埋没毛が出来やすくなる状態になります。

なぜなら、脱毛ワックスは毛だけでなく周りの皮膚も毛と一緒に抜くことになるので、肌を傷つけやすいからです。

さらに、脱毛テープも肌に負担を掛けることになるので、埋没毛に繋がりやすくなります。

よって、埋没毛は肌に負担を掛けて傷つくことによって出来やすくなるので、誤った自己処理を極力避けるのが無難となります。

けれども、自己処理を施す機会が減ると無駄毛の処理に悩まされやすくなります。

なので、埋没毛と無駄毛の処理を同時に施す場合は、クリニックでレーザー脱毛を受けるのがお勧めとなります。

埋没毛の適切な対処方法

レーザー脱毛は、レーザーを肌に照射する前に埋没毛を肌の表面に出してから行うので、埋没毛を治療することができます。

さらに、レーザー脱毛によって深い毛根を破壊することができるので、無駄毛の処理を施すこともできます。

そのため、レーザー脱毛を受ける回数が増えるにつれて無駄毛が生えにくくなります。

その上、埋没毛は放置することで毛嚢炎や色素沈着ななりますが、レーザー脱毛で治療することができます。

また、クリニックでの脱毛は肌を傷つける恐れがないので、埋没毛に悩まされずに無駄毛を処理することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*