脱毛コラム

ワキガの原因と脱毛によってワキガの臭いを改善できる理由

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
脇の毛穴に老廃物が溜まったり汗をかく量が多くなると、脇が異臭の臭いを放つようになるワキガの原因になります。

なぜなら、脇にあるアポクリン腺から出る汗には、水分だけでなく糖質や脂質も含まれるからです。

ちなみに、一般の汗を出すエクリン汗腺には糖質や脂質が全く含まれないので、アポクリン腺から出る汗と混じらなければ汗臭さだけで済みます。

けれども、アポクリン腺の汗とエクリン汗腺の汗が混じると、脇毛に異臭を放つ成分がつきます。

また、脇毛が長いと雑菌が多く繁殖するので、ワキガは脇毛が長いほど臭いがキツくなる傾向にあります。

しかし、脇は皮膚が柔らかい部位である上に、アポクリン腺は脇に毛穴があると存在します。

そのため、脇毛の自己処理において毛抜きで脇毛を抜くと、アポクリン腺を活発化させるだけでなく毛穴を広げます。

なぜなら、アポクリン腺は刺激を受けると出る汗の量が増す上に、毛穴が広がることで異物が脇の毛穴に入り込むからです。

なので、ワキガを予防するには毛抜きによる自己処理を施さないのが大切となります。

けれども、脱毛施設に通って脱毛を脇に施すことで、ワキガを悪化させずに脇毛を生えにくくできます。

それは、サロンやクリニックでの脱毛はアポクリン腺に与える刺激を抑えるので、アポクリン腺から出る汗の量が増す恐れがないからです。

ニードル脱毛のデメリット

とはいえ、クリニックで受けれるニードル脱毛は、ワキガを悪化させる可能性が高いです。

ニードル脱毛は、毛抜きのように毛1本1本を処理するので、脇に強い刺激を与える上に強い痛みを伴う脱毛となります。

ただし、ニードル脱毛は一度受けることで脇毛を生えなくできますが、ワキガの臭いを改善するためにニードル脱毛を受けるのはお勧めされません。

なので、ワキガの臭いを改善しつつ脇毛の処理を施す場合は、光脱毛やレーザー脱毛を受けるのがお勧めです。

アンダーヘアの処理は痛いの?

アンダーヘアの脱毛に関して

アンダーヘアの脱毛
デリケートな部分であるアンダーヘア処理というのは痛そうな感じがしてちょっと勇気がいりますよね?

場所が場所だから不安が多いものですが、実際のところはどんな感じなんでしょうか?
口コミなどを調べてみるとやっぱり痛いというような話は多いです。

やはりデリケートなゾーンで皮膚も薄いところですから痛みはかなり感じやすいようです。

他の部位と比べてみてもやっぱり痛みというのは大きいらしく、結構踏んばらないと痛いという方は多いようです。
特にIラインの部分は痛いらしく、この部分はVやOと比べてみても肌がより薄いものですから痛いのでありましょう。

肌の色に関しても通常の部分より濃くなっていてますから、黒い部分にレーザーがより強く反応して熱となることがありますので、

アフターケアもより大事にしなくてはならず、その後のほてりなどの口コミもあるくらいです。

アンダーヘア脱毛の痛み

少数ではありますが、痛みをそこまで感じない人もいるようですがやはり全体的には痛いというような意見が多数であります。

こうなると、躊躇するような感じになってしまう方もいますが、痛みは緩和することも可能です

痛みがしないようにサロンの人に希望することによって、痛みを感じにくくなる麻酔のジェルを使用してもらえることも可能です。レーザーの強さも替えてもらうこともできます。

痛みを怖がらず、色々な方法を試してみて痛みを和らげておくように工夫してやってみましょう。

脱毛サロンでの脱毛をきちんと断る方法について

脱毛サロンの勧誘を断る方法

勧誘を断る女性
脱毛サロンでの脱毛は、可視光線を肌に照射するので肌が弱いと痒みを伴ったりかぶれたりします。

そのため、脱毛サロンを初めて利用する場合、脱毛を受けたことがないので脱毛がどういう施術なのか分からないことを伝えるのがお勧めとなります。

なぜなら、脱毛サロンにおいて勧誘は脱毛に関する説明よりも、店舗の特徴や脱毛に掛かる費用を優先して説明するからです。

なので、脱毛に関して聞くことでスタッフが強気で勧誘しにくくなる上に、脱毛に関する知識を高めることに繋がります。

けれども、脱毛サロンでは体験コースを受けた後に勧誘を受ける形となるので、実際はどういった脱毛を受けれるかが分からないことを伝えるのがポイントとなります。

それは、肌が弱いのに実際に脱毛サロンを利用すると、脱毛効果を得にくくなるだけでなく肌のトラブルに悩まされるからです。

勧誘を断りやすくするための誘導

肌が弱くても脱毛サロンの脱毛を安全に受けれるかを質問することで、勧誘を断りやすくなります。

それでも、スタッフの中には勧誘を強く勧めてきますが、質問に答えないスタッフはレベルが低いと認識しても特に影響ありません。

けれども、スタッフの中には説明するのが上手い人がいるので、時間に余裕がある場合は説明を聞いてみるのも手となります。

なぜなら、勧誘されても費用が掛かることはないので、体験コースを利用するだけで脱毛がどういうのかを理解することが可能となるからです。

よって、肌が弱いので脱毛を受けたことがなかったら、脱毛について何も知らない場合はスタッフに質問して勧誘を断る方法はお勧めになります。

肌を傷つけることで出来やすい埋没毛と処理方法について

埋没毛に関して

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、無闇に剃ったり抜いたりすることで出来やすい毛となります。

それは、自己処理によって肌の表面をかさぶたが覆う形となるので、毛が皮膚の中で成長することになるからです。

また、剃刀や毛抜き以外の自己処理で脱毛ワックスも、埋没毛が出来やすくなる状態になります。

なぜなら、脱毛ワックスは毛だけでなく周りの皮膚も毛と一緒に抜くことになるので、肌を傷つけやすいからです。

さらに、脱毛テープも肌に負担を掛けることになるので、埋没毛に繋がりやすくなります。

よって、埋没毛は肌に負担を掛けて傷つくことによって出来やすくなるので、誤った自己処理を極力避けるのが無難となります。

けれども、自己処理を施す機会が減ると無駄毛の処理に悩まされやすくなります。

なので、埋没毛と無駄毛の処理を同時に施す場合は、クリニックでレーザー脱毛を受けるのがお勧めとなります。

埋没毛の適切な対処方法

レーザー脱毛は、レーザーを肌に照射する前に埋没毛を肌の表面に出してから行うので、埋没毛を治療することができます。

さらに、レーザー脱毛によって深い毛根を破壊することができるので、無駄毛の処理を施すこともできます。

そのため、レーザー脱毛を受ける回数が増えるにつれて無駄毛が生えにくくなります。

その上、埋没毛は放置することで毛嚢炎や色素沈着ななりますが、レーザー脱毛で治療することができます。

また、クリニックでの脱毛は肌を傷つける恐れがないので、埋没毛に悩まされずに無駄毛を処理することができます。

産後の毛抜きによるムダ毛処理について

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
妊娠中と産後は、妊娠によってホルモンバランスが乱れることで肌がデリケートな状態となります。

その上、産後は妊娠前と違って男性ホルモンの割合が増すので、濃いムダ毛が生えます。

けれども、毛抜きによる自己処理で濃いムダ毛を処理するのはお勧めされません。

なぜなら、毛抜きは毛を抜くことで毛穴が広がるので、毛穴から異物が入り込むことで肌のトラブルに発展しやすいからです。

さらに、毛が途中で切れて皮膚の中に毛が残ることもあるので、毛抜きでの自己処理は肌のトラブルだけでなく毛のトラブルも招きます。

産後の肌は妊娠前より敏感

脱毛テープや脱毛ワックスも毛を抜く自己処理となるので、肌を大きく傷つける恐れが高いです。

他にも、産後の肌は妊娠前より敏感なので、外部からの刺激を受けることで肌が傷つくリスクが高いので、産後は毛抜きでのムダ毛処理を行わないのが最善です。

そして、毛抜きでムダ毛処理を行っても、赤ちゃんの面倒を見る時間と両立させるのが困難です。

なぜなら、毛抜きは毛1本1本抜くので剃刀みたいに広範囲のムダ毛処理を施すことができないからです。

さらに、毛抜きによって同じ箇所の毛を抜くと、肌のトラブルと毛のトラブルが悪化します。

ちなみに、産後から半年経つとホルモンバランスが改善されますが、それでも毛抜きによる自己処理は避けるのが無難となります。

なので、産後に毛抜きによるムダ毛処理を行うことは、赤ちゃんの面倒を見なくなる可能性があるので控えるのが最善となります。